お知らせ

『いしのまき地ビール★チャレンジ』11月26日(土)のレポート&次回参加者募集!

言うまでもなく、今年の1年は
日常の営み、その土台が今でも揺るがされつづけている
ものすごい1年です。(まだ終わってない)

ボク個人も振り返る暇もなく、
ただただ息を切らしながらでも走り抜ける1年になりそうです。

そんな中、先日11月26日(土)に新たな『被災地支援プロジェクト』として開催された第1回目の
『いしのまき地ビール★チャレンジ“石巻復興エール”』。
東京からは6人のメンバー+小学4年生の女の子で仮設住宅の方々との交流に行ってきました!






当日はいい天気!
朝、仮設の自治会長の高橋さんの案内で
地元の湧き水を汲みに行きがてら、大川小学校にて手を合わせ、
今回の津波の甚大さ、痛々しさをあらためて、心に留めました。

朝10:00には仮設住宅の10人ほどの方々と集合し、いっしょに畑に向かい、
三反走仮設住宅の方々&地元の方々といっしょに
宮城県石巻市河北地域五十五人地区で借りた畑での麦まき。
地元農家の佐藤隆一さんと相談しながら、
この地域で収穫された「みのり麦」を汗をかきながら
みんなで播きました!
これが結構な重労働。予定時間を1時間もオーバーし、ようやく80kgほどの麦を巻き終えました!
播き時期は遅いのですが、それでもこれだけ播けば。
来年6月は、麦を収穫して、
『いしのまき地ビール“石巻復興エール”』をみんなでつくります!
どれぐらい収穫できるか?楽しみ楽しみ。
(現在、このプロジェクトボランティアメンバー募集中!ぜひ参加ください!
詳しくは文末のお問い合わせのハッタまで)

さらに、この畑の一部に、埼玉県小川町で今年みんなで収穫した麦を播き、
小川町と被災地石巻との『麦の交流』も行いました。
(ちなみに前回、小川町で行われた『麦まき』でも、石巻河北産の麦を播きました)

そして午後は、仮設の集会所では、麦酒のもとになる『麦芽飴ジュース』のワークショップを行い
交流をしてきました!寸胴鍋で仕込んでいる様子にみんな興味津々でした。
25リットルほどの『麦芽飴ジュース』が完成し、仮設の方々に配りました!
※ちなみにこの『麦芽飴ジュース』のワークショップにおいてつかわれた『麦芽』は
麦雑穀工房のマイクロブルーワリー馬場さんから提供いただきました!





これまでのアースデイ東京タワーでの震災アクションを経て、
この新たなプロジェクト『いしのまき地ビール★チャレンジ“石巻復興エール”』は
笑い声の絶えない仮設の方々との交流となり、はじめてボランティアをしていて幸せな気分になりました。

もちろん、この仮設に住んでいる方々はもともと、大川小学校の地域の付近に住んでいる方々多く、
家を失い、家族を失っている方々が多いのです。
それでもみんなでこうして作業しながら、わいわい食べながらいろんな世間話し、
楽しい時間をいっしょに過ごすことは、
日常の営みにとっても大切なことですね。
寄り添うことで、自分も幸せになるとは、新しい発見です。
今回の参加ボランティアメンバーも本当に幸せそうでした!

USTREAMでの映像レポート

●五十五人地区麦まきレポート
http://ustre.am/:1gEN0

●三反走仮設での『麦芽飴ジュース(麦汁)』づくり
http://ustre.am/:1gG93

—————————————

今後の『いしのまき地ビール★チャレンジ“石巻復興エール”』の予定
参加ボランティアメンバー募集しています!お気軽に参加ください(但し、説明会に必ず参加ください)

●2回目:12月9日(金)に出発=12月10日(土)『麦芽飴ジュースづくり』
●3回目:12月23日(金)に出発=12月24日(土)『麦踏み&麦芽飴ジュースづくり』

—————————————

『いしのまき地ビール★チャレンジ“石巻復興エール”』説明会開催中!
毎週金曜日19:30-20:30、東京タワー1F『アースデイ東京タワー・ボランティアセンター』にて開催しています。
参加するかどうか迷っている方でも、まずは興味本位でお気軽に参加ください。

●12月2日(金) ●12月9日(金)  ●12月16日(金)

—————————————

お問い合わせ
種まき大作戦 &アースデイ東京タワー・ボランティアセンター
ハッタケンタロー
090-3818-7324
andtwo@mac.com

(更新日:2011年11月30日)